大阪その日その日

タイトルのまま、日々の記録。

<< 「駅すぱあと」探索条件に「CO2排出量順」が  照明装置としての月 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

「世界・ふしぎ発見」に間違い発見!

 2005年9月10日放送(関西地区)のTBS系「世界・ふしぎ発見」の中で、松尾芭蕉の句「あやめ草足に結(むすば)ん草鞋の緒」という句が紹介されていたが、そのときの再現映像の中で、芭蕉が履いていた草鞋の鼻緒には、あきらかにアヤメ科のものと思われる大きな紫色の花がくっついていた。しかしこれはあきらかな間違いだ。
 この句に登場する「あやめ草」とはアヤメ科のアヤメあるいはハナショウブなどではなく、サトイモ科のショウブ(菖蒲)のことだからだ。サトイモ科のショウブの花は円柱状の肉穂花序(にくすいかじょ)で目立たず、アヤメ科のものとはまったく異なる。端午の節句に菖蒲湯として使ったり、軒に挿したりするのももちろんサトイモ科のほう。
 サトイモ科のショウブを古くはあやめ草と称したために、このような混同はよく起こるのだが、このケースもおそらく番組制作者の勘違いであろう。
植物 | - | trackbacks(0) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 

TRACKBACK

TB URL :: http://marinus.jugem.cc/trackback/54
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
UNIQLOカレンダー