大阪その日その日

タイトルのまま、日々の記録。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

迷アレンジ「倍賞千恵子/日本の詩をうたう」

JUGEMテーマ:音楽
手元に倍賞千恵子さんが日本の抒情歌を歌ったアルバム「倍賞千恵子/日本の詩をうたう」がある(といっても今はそれをデジタル化したものをパソコンで聴いている)。ずいぶん昔に発売されたアルバムで、シリーズ化もされている。私は日本の抒情歌や童謡のジャンルが好きで、そのうえ倍賞千恵子さんファンでもあるので、上記シリーズのうち何枚か(もちろんLP)を買った。いまでも比較的よく聴いている。

しかし、大好きな倍賞さんの歌でありながら、聴いているうちに毎回のように腹が立ってくるのである。何十年間ずっとである。聴いていてこんなに腹の立ってくるアルバムなんてそうざらにはない。血圧だって上がる(多分)。体に良くないアルバムなのである。

では何に腹を立てているのか。倍賞さんの歌唱ではもちろんない。倍賞さんの大ファンである私が彼女の歌唱に腹を立てるわけがない。じゃあ、何か? 編曲である。オーケストラアレンジがまったくひどいのである。

いちいち例を上げるのも面倒だが、いちばん気になるのがリズム。全体的にリズムを細かく刻みすぎてウルサイのである。そして楽器の使い方にしてもうまいとはいえない。例えば「若者たち」のドンドコドンドコうるさいだけの太鼓。なんだよこれ。もひとつ例を上げるなら「あざみの歌」のイントロ部分のフルート、小賢しい! 全体に余計な手を加えすぎている。アレンジは主役の歌を引き立てるのが役目のはずだが、まったく彼女の歌に合わない。主役の足を引っ張ってどうする。
彼女の伸びやかな美声の足を引っ張っているだけではない。ここに収められている日本の名曲たちをも台無しにしている。 このアレンジャー(あるいは制作スタッフも含めて)は、これらの日本の名曲をまったく理解していないのではないか、とさえ思えてくる。あるいはこのジャンルの音楽ファンが、どんな音楽を期待してこのレコードを買って帰るのか、という想像力に欠けている。

この「日本の詩をうたう」シリーズは、現在それをCD化した全集が出ている。私はLP時代に買いそびれたものもあるし、CD全集(CDではタイトルが「倍賞千恵子 抒情歌全集」となっている)を買いなおそうかと以前から思っているのだけれど、上記の“迷”アレンジのおかげで躊躇している。もしアレンジが素晴らしければ、何の迷いもなく全集を買い直しているだろう。

けなしてばかりでは何なので、いちおう安心して聴くことのできる楽曲もあるということを書き添えておく。例えば(手持ちの音源に限っていえば)「いのちの限り」「からたちの花」「岡崎地方の子守歌」など。でもこういうのは数えるほどしか無い。

少なくともこのシリーズに関していえば、歌手とアレンジャーの不幸な出会いだったと言うしか無い。 もっとも、これはずいぶん昔(30年以上前?)の録音なので致し方ない部分もある。当時は今と比べてある意味ずいぶんアバウトというか、何でもありの時代だったのかもしれない。

 倍賞さんには、その美しいリリック・ソプラノが衰えないうちにすべての曲を新しいアレンジで吹き込み直して欲しいものである。あるいは歌とオケが別個に録音されているのなら、伴奏部分を新しく入れなおすなんてことも可能なのかしらん? そのあたりは専門家じゃないので、私はよくわからない。ともかくこのままでは、おそらく死ぬまで私は血圧を上げながら倍賞さんの歌を聴き続けることになるだろう。倍賞ファン、日本の抒情歌ファンのひとりとしては残念で仕方がない。

音楽 | - | - | 

篤姫の音楽

JUGEMテーマ:日記・一般


JUGEMテーマ:音楽


 『篤姫』がとうとう終わった。寂しい。
 元々私はドラマそのものをほとんど見ない人間で、とくに大河ドラマを含めた時代劇というジャンルが昔から大の苦手だった(松竹がつくる近年の時代劇はなかなかいいと思う)。
 大河ドラマはちょうど日曜日の夕食どきのこととて、大河ファンの家内が熱心に観ているものを、無理にチャンネルを変えるわけにも行かず(チャンネル権は家内に譲ることにしている(^^;)、仕方なく大河ドラマ独特の仰々しい演技を横目で見ながら夕食を摂ることになるのだが、これがけっこう辛いのだ。

 ところが、この篤姫だけは最初から引き込まれ、最後まで観続けた。そして毎回泣いた(泣かされた)。大河ドラマでこんなに入れ込んだのは初めてのことで自分でも驚いている。いや正確に言うと前々回の『新撰組!』もかなり熱心に観たが、これほどではなかった。
 視聴率も近年ではかなり高かったようで、いわば「篤姫ブーム」といったような社会現象を引き起こしたようだ。
 なぜこれほどまでに成功したのか。その理由はすでにあちこちで書かれているし、私の守備範囲でないのでここでは書かないが、配役(宮崎あおい他)、脚本(田渕久美子)、演出、美術すべてが見事なアンサンブルを奏でた結果であることは間違いない。

 しかし私はこれにもう一つ吉俣良の音楽を付け加えたい。彼の音楽の貢献も計り知れないように思う。ちょうど宮崎アニメにおける久石譲の音楽、あるいは『ALWAYS 三丁目の夕日』における佐藤直紀の音楽を想起させるといえば大げさか。いやそれらに勝るとも劣らぬ、ドラマの流れによくマッチした情感豊かな美しい附帯音楽だった。印象的な旋律も多く、今でも篤姫のドラマのシーンを思い浮かべるたび、それらの美しい旋律が私の耳に甦る。
 サウンドトラックCDも2点出ている。





こちらは完全版DVD。



音楽 | - | - | 

ケン・ラッセル『夏の歌』

JUGEMテーマ:音楽


 YOUTUBEをうろついていたら、ケン・ラッセル監督の往年のテレビ映画「夏の歌」(英 1968年)に遭遇した。しかも全編(9分割)アップされているではないか。英国の作曲家ディーリアス(Frederick Delius 1862-1934 デリアスとも)を描いたドラマだ。昔NHKテレビで放映されたことがあり、当時まだ若かった私はこの作品にいたく感激し、劇中で流れていたこの作曲家の美しい音楽のとりこになった。もちろんそれまでディーリアスという作曲家の存在すら知らなかった。このドラマを観てディーリアスを知り、作品に惹かれていった人は少なからずいたはずだ。たしか詩人の谷川俊太郎さんもそんなことを何かで書かれていたように記憶する。
 まさかこんなところで再会できるとは思わなかった。懐かしい。アップされてからまだ間がないようだ。削除されてはかなわないので、あわててダウンロード保存しておいた。あとでゆっくりと鑑賞することにしよう。

 ディーリアスの作品としては、この映画のタイトルともなった『夏の歌 A Song of Summer』や『春初めてのカッコウの声を聞いて On hearing the first cuckoo in spring』などの管弦楽曲が有名だ。印象派の絵のように美しい音楽。ただ好みは分かれるかもしれない。いちど私の友人に聴かせてみたことがあるが、ほとんど興味を示さなかった(彼はドイツ系の音楽が好き)。
 管弦楽曲以外にもいろいろなジャンルの作品を書いているようだが、それらは(チェロ協奏曲を除き)ほとんど知られていないようで、私自身まだ聴いたことがない。英国以外では演奏される機会もあまりないのではなかろうか。



音楽 | - | trackbacks(0) | 

プレイヤーズ王国(お気に入り その2)

■『ひとかけらの純情
プレイヤー名:YOU'S MIXIS
作詞:有馬 三恵子
作曲:筒美 京平
コピー曲

 オリジナルは南沙織が歌っているのだが、こちらも素晴らしい。
 覆面ボーカルのWAKIという人の歌声がなんとも魅力的。
 この人たちはプロなのでしょうか? その辺は門外漢の私にはまったく分からないが、とにかく質の高い作品。

■『星の雫-(エレピバージョン)
プレイヤー名:xkogx
作詞:西川 太
作曲:西川 太
オリジナル作品

 パソコン付属のメール読み上げソフトに歌わせているらしいが、不思議な魅力を醸し出していると思うのは私だけだろうか。メロディラインも美しい。
音楽 | - | trackbacks(0) | 

ネットで知った曲「旅立ちの日に」

 昨日「プレイヤーズ王国」というサイトに登録された音楽をいろいろ聴いていたら、「旅立ちの日に」という曲が耳に残った。演奏のみの作品だったのだがなんだかいい感じの曲調だったので、どんな内容の曲なんだろうとネットで検索してみると、最近(2002年)つくられた合唱曲で、ある中学の校長先生が作詞し、音楽の先生が作曲されたとのこと(作詞:小嶋 登 作曲:坂本 浩美 編曲:松井 孝夫)。
 こちらで合唱による実際の演奏も聴くことができます。
 途中からテンポを速めるというのは、楽譜にも指示があるようですが、どうなのでしょう。ゆったりとしたテンポを保ったまま歌い上げるという方が、私はいいような気もするのですが。

 しかしいい曲ですねえ。詞もいいし。最近は卒業式でこの歌が歌われることが多いというのもうなずけます。こういう曲で卒業式を迎えることのできる人たちがうらやましいですね。その場にいれば絶対私も涙ぐんでしまうでしょう(ウン十年前の卒業式ではまったく泣かなかったというか、泣くやつをバカにしていた(^^ゞ)。
 私は古い世代で、卒業式は「蛍の光」と「仰げば尊し」でなきゃダメだ、みたいに思っていたのだけれど、この曲はいい! すばらしい。
 今回ネットでみつけるまではまったく知らない曲でした。
音楽 | - | trackbacks(0) | 

プレイヤーズ王国

 昨日、ある音楽を検索していたら「プレイヤーズ王国」というサイトが引っかかった。YAMAHA の音楽ポータルサイト「MUSIC eCLUB(ミュージックイークラブ)」の中の1ページで、自分の音楽作品や演奏を公開できるサービスらしい。もちろん試聴のみも可能だ。クラシックからジャズ、Jポップ、童謡唱歌まで、あらゆるジャンルの演奏(既存の曲やオリジナル作品)が楽しめる。けっこうレベルの高い演奏も多く、私ははまってしまって一日中聴きまくっていた。
 例えばこの「仰げば尊し」など、アレンジがなかなか素晴らしいと思うのだがどうだろうか。
 また、あんとにおさんの「いつも何度でも(千と千尋の神隠しより)」も素晴らしい。
 また、ゴッツーさんの「新世界より(ケルト風)」もなかなかどうして。
 「A-K-I-」というボーカルグループの、ジャジーな雰囲気あふれる「In the wee small hours of the morning」がまたすばらしい。女性ボーカルの人の歌唱がなかなか見事じゃないですか。
 また、Old Seaman IIさんの「テンペスト第3楽章(ベートーベン)」などもなかなか見事な演奏だと思う。これ、打ち込みではなく実際に演奏してるんでしょ?

 これらの演奏が無料で聴けるなんて、なんとありがたいサイトだろう。
 ページがかなり重いのが難点。
音楽 | - | trackbacks(0) | 
  1/1P  
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
UNIQLOカレンダー